【初級】絵画指導インストラクターとは・・・

乳幼児期の子どもたちの成長や発達に合わせ、経験の積み重ねから表現を育む基本の考え方を理解して、
描画活動に活かすことができます。子どもたちの描画材の扱い方から、いろいろな描線を描けるように、
幼児期に育てたい「絵を描く力」の基礎を学んでいます。

初級・上級絵画指導インストラクターの活躍の場

子どものための絵画指導の基本スキルを身につける資格です。
幼稚園・保育園・絵画教室の先生など、保育や教育に
携わっている方におすすめです。

初級・上級絵画指導インストラクターになると

●絵を描く楽しさを理解して子どもたちに伝えることができます。
●保育の中で計画的に絵画指導を進められます
●たくさんの指導例を見て聞いて、
 アイディア豊かな指導案作りに活かせます。


受講生の声

絵を描くことは苦手でしたが、簡単な線描だけでもいろいろな表現や作品ができるとわかり、子どもたちと楽しみたいと思いました。(東京都・幼稚園教諭)

指先の力、観察力など、発達面をよく考えて取り組みたいと思った。子どもの力を引き出す方法として、たくさん活用したい。(長野県・保育士)

クレヨンの持ち方や扱い方、線の描き方など、丁寧に導入していくことが大切だということがわかり、納得できました。(大阪府・幼稚園教)


資格取得後は

●上の資格を目指す

 「上級絵画指導インストラクター養成講座」を受講

●フォローアップとして絵画指導研究会に参加

 ・楽しかった実践や疑問や悩みを仲間と共有
 ・さまざまな指導のバリエーションからヒントをもらえます

幼児のための絵画指導 資格・セミナーの
お申し込みはこちら>

《お申込みサイトはショッピングサイトを使用しております。》
講座申し込みの注意事項をご覧ください。

▲TOPへ戻る