【上級】絵画指導インストラクターとは…

初級で学んだ基本から、実際の指導に活かせる力を身につけます。
子どもたちがイメージ通りに描けたと思えるような導入や言葉かけ、題材選びのバリエーションを豊かにして、
もっと描きたい!気持ちに応えられる指導をめざしましょう。

初級・上級絵画指導インストラクターの活躍の場

子どものための絵画指導の基本スキルを身につける資格です。
幼稚園・保育園・絵画教室の先生など、保育や教育に
携わっている方におすすめです。

初級・上級絵画指導インストラクターになると

●絵を描く楽しさを理解して子どもたちに伝えることができます。
●保育の中で計画的に絵画指導を進められます
●たくさんの指導例を見て聞いて、
 アイディア豊かな指導案作りに活かせます。


受講生の声

絵の具の指導に自信がなかったが、様々な絵の具の表現方法もわかり、自分も楽しめる活動を考えたい。(山梨県・保育士)

自分自身が描いて他の参加者の作品を「見る」ことで、様々なとらえ方や表現の仕方があり、子どもの表現の多様性への理解が深まりました。(静岡県・幼稚園教諭)

観察したり考える時間を作る必要性など、制作するうえでの計画や環境づくりについてイメージすることができました。(山口県・保育士)


資格取得後は

●上の資格を目指す

 「保育 絵画指導スペシャリスト養成講座」を受講

●フォローアップとして絵画指導研究会に参加

 ・楽しかった実践や疑問や悩みを仲間と共有
 ・さまざまな指導のバリエーションからヒントをもらえます

幼児のための絵画指導 資格・セミナーの
お申し込みはこちら>

《お申込みサイトはショッピングサイトを使用しております。》
講座申し込みの注意事項をご覧ください。

▲TOPへ戻る