おもちゃコンサルタント養成講座<通学コース>

優良なおもちゃや、遊びをバランスよく与えることのできる“遊びの栄養士”となれるよう、おもちゃをよりよく知り、
おもちゃを見る確かな目を育てるのが「おもちゃコンサルタント養成講座」です。
子どもの成長・発達とおもちゃの役割や、世界各国のおもちゃ文化考察、遊びを広げる実践術から、
病児・障がい児・高齢者をつなぐおもちゃの可能性まで「幅広い視点」でおもちゃを捉えます。
東京おもちゃ美術館に通って、短期に集中的に学びます。


受講カリキュラム

 

【遊ぶ】 

おもちゃの遊び方は一つではありません。
ひとつのおもちゃから遊びを広げていくワークショップや、
手作りおもちゃ講座、日本に伝わる伝承遊びに触れ、
手と体を動かし、遊びながら学んでいきます。

space

○おもちゃコンサルタント入門
「おもちゃと遊びのチカラで社会の“笑顔”を増やそう」という、
おもちゃコンサルタントの視点と活動の実際について学びます。
○伝承遊び実践論
おもちゃの温故知新に触れ、専門家からその歴史や思いを学び、
遊びのスキルを身に付けます。
○「遊び力」が身に付くおもちゃ実践論
おもちゃの遊び方を広げるアレンジ力を磨き、
つながりを深める「ふれあい囲碁」を体験します。
○ハンドメイドのおもちゃ論
素材や道具を使いこなす多角的な手作りおもちゃ文化を、
実践的に学びます。


【知る】

おもちゃの魅力や可能性を、各分野のプロから直に学ぶ時間です。
おもちゃと遊びのプロとしての基礎を育てます。

 

space

○日本と世界のおもちゃ論
日本・世界のおもちゃを通して、おもちゃと遊びの世界と、
おもちゃコンサルタントならではの視点について学びます。
○おもちゃ文化と遊びの歴史
各国の玩具文化をベースに子ども文化を探り、
遊びのルーツに迫ります。
○子どもの発達とおもちゃ論
「グッド・トイとは何か?」子どもの成長・発達と、
良いおもちゃの条件について考えます。
○おもちゃ開発論
おもちゃメーカー・作家の方にお越しいただき、
おもちゃ開発秘話や流通について、普段手に取っているおもちゃが、
棚に並ぶまでを学んでいきます。


【考える】 

ここでは、おもちゃ・遊びと、人・社会の関係についても学びます。
おもちゃコンサルタントが大事にすべきマインドを知り、
良いおもちゃと、その活かし方を考えていきます。

space

○おもちゃのホスピタリティ論
東京おもちゃ美術館の顧問とスタッフから、
おもちゃと人の関係について学びます。
○おもちゃと遊びの社会活動論
先輩おもちゃコンサルタントが、
社会の中でどのようにおもちゃと遊びを活かしているのかを知り、
おもちゃと社会の関係について学びます。
○医療と福祉のおもちゃケア論
病児や障害のある児童、
高齢者の方のケアについて、
福祉の現場でのおもちゃの活用法を実例を交えて学びます。
○グッドトイ・リサーチ発表
「グッド・トイ」の発掘と発表による成果報告をもとに、
受講生同士、お互いにグッド・トイ観を学びあいます。
○おもちゃ学総論&認定式
すべての講座の総仕上げ、修了時に認定証が授与されます。


【受講生同士での交流】 

講師から話を聞いたり、実践を通して学ぶだけでなく、
14回の講義を通して深まる、
受講生同士のコミュニケーションも通学講座の魅力です。

space

space
また、受講生はもちろん講師やスタッフも参加する懇親会もあります。
取得後の夢なども語り合うことで、
その後の活動につながることもあり、
ネットワークを作るための時間にもなっています。
space
space
さらに、同期の仲間とおもちゃ屋さん巡りをしたり、
東京おもちゃまつりへの出展をされている期もありました。
毎回の講座終わりには、各々の得意な分野の教え合いをするなど、
受講生同士の交流が、さらなる豊かな学びへと広がっていきます。
space
space
space
space

 

毎週様々な分野の専門家が登場する全14回の講座。 じっくりと話を聞き考える講義から、
手と身体を動かすワークショップまで多彩なプログラムです。

space

通学コース修了者の声
  • ・同期の皆さんと実際に多くのおもちゃに触れることを通して、一つのおもちゃから、色々な遊び方が拡がっていくことを実体験できました。おもちゃについての知識や活かし方、そこに込められている想いを知ることで、年齢に関係なく遊ぶことの大切さを感じました。(子育て支援)
  • ・どの講座も面白かったです。おもちゃメーカーや作家の方から直接お話を聞けたり、福祉の現場で活躍するおもちゃについて学ぶチャンスは、今回受講しなければなかったかもしれません。おもちゃの様々な側面について知ることで、こんなに見える世界が違うのか、と感動的です。(保育士)

よくある質問

Q. 講座を欠席してしまった場合はどうなりますか?

 

A. 欠席された回と同じ内容の講座を、次の期以降に無料で補講してください。 補講も含め、全14回のカリキュラムを修了した時点でおもちゃコンサルタントの認定となります。

Q. 託児制度はありますか?

 

A. 1歳以上のお子様になりますが、午前の部のみ、有料(1回3000円)でお受けできます。また、ご家族などが一緒に来館され、みてくださる場合は、入館料を免除する制度もあります。お申し込みの際にご相談ください。

Q. どうしてもいつもの部(午前・午後)に来られない日のみ、もう一つの部に変更することはできますか? 

 

A. 原則として、講座はお申込みいただいた部を受講いただきますが、お仕事などで、変更せざるを得ない場合は、ご相談ください。

Q. 資格の取得を証明するものはありますか?また、履歴書等に資格を記載できますか?

 

A. すべての課程を修了された方には「おもちゃコンサルタント認定証」を授与いたします。認定NPO法人が発行する資格ですので、履歴書にも記載して、学ばれたことをアピールしてください。

Q. 専門的な勉強をしていませんが、受講をして大丈夫でしょうか?

 

A. 全く問題ありません。実際に手に取り、遊ぶことから勉強が始まります!通学コースは、保育関係者や子育て世代の親、ボードゲームが好きな学生、おもちゃの世界に興味がある社会人など、様々な方が受講されています。

Q.space space space spac

e space space space space space space

 

※その他、お問い合わせは下記まで
[おもちゃコンサルタント養成講座 事務局]
■E-mail:nakano@art-play.or.jp Tel:03-3387-5461

 


パンフレットのダウンロードはこちら

パンフレットはこちらからダウンロードできます。
A4サイズでプリントアウトしてご使用ください。

※左の画像をクリックするとPDFファイルの
ダウンロードがはじまります。
ファイルが開けない方は、アドビ社の「Adobe Reader」
ダウンロード(無料)してお使い下さい。

ダウンロード>


日 程

講座 開催地 日程 会場 空き状況
第65期 午前の部 東京都新宿区 2020年4月14日~7月21日
火曜日 全14回
午前の部 10:30 ~ 12:30
東京おもちゃ美術館 マップ 受付中
第65期 午後の部 東京都新宿区 2020年4月14日~7月21日
火曜日 全14回
午後の部 18:30 ~ 20:30
東京おもちゃ美術 マップ 受付中
第66期 午前の部 東京都新宿区 2020年10月予定
火曜日 全14回
午前の部 10:30 ~ 12:30
東京おもちゃ美術館 マップ 準備中
第66期 午後の部 東京都新宿区 2020年10月予定
火曜日 全14回
午後の部 18:30 ~ 20:30
東京おもちゃ美術館 マップ 準備中

■通学講座
 受講費用について:受講料65,000円+税 年会費5,000円 ※受講料は、テキスト、教材費を含みます。
 ※受講料割引のご案内
 下記に該当する方は5,000円引きとなります。
  ●おもちゃインストラクター資格取得者 ●おもちゃ学芸員登録者
 ※下記受講費用参照


講師陣

区   分

通学65期

通信教育

受講費用

一般受講者(会員ではない) 76,500円
芸術と遊び創造協会の会員 71,500円
おもちゃインストラクター有資格者で、会員ではない 71,000円
おもちゃインストラクター有資格者で、会員である 66,000円
おもちゃ学芸員登録者(会員である) 66,000円

※受講する期間は、会員である必要があります。(毎年3月に会員更新)
※欠席されたカリキュラムは、来期以降に無料で受講できます。


講師陣

多田 千尋

東京おもちゃ美術館 館長/
認定NPO法人芸術と遊び創造協会理事長

善本眞弓

東京成徳大学教授/
グッド・トイ選考委員長

千葉 雄司

公益社団法人
日本けん玉協会 認定指導員

田村 洋子

NPO法人わらべうた協会 理事/
東京おもちゃ美術館おもちゃ学芸員

両角 美映

NPO法人レインボー代表/
夏の芸術教育学校講師

白滝 宏子

NPO法人びーのびーの理事

磯 忍

高齢者アクティビティ開発センター
主任研究員

武田 真理恵

ラッピングコーディネーター/
子どもアートスクール講師

その他、グッド・トイ選定メーカー、おもちゃコンサルタントマスター等、多数の講師が指導します。

おもちゃ・遊び 資格・セミナーの
お申し込みはこちら>

《お申込みサイトはショッピングサイトを使用しております。》
講座申し込みの注意事項をご覧ください。

▲TOPへ戻る