【参加者&実践報告者募集】子どものための芸術と遊びフォーラム 2019

2018.12.04

    

子どものための

芸術と遊びフォーラム 2019

-参加者&実践報告者募集-

【日時】 2019年2月24日(日)10:00~16:00

【会場】 国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟 (小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩7分)

【対象】 保育者・子どもの育ちに関わる方、    学生などどなたでもご参加いただけます

【参加料】 一般:4,000円

     芸術と遊び創造協会会員及びウッドスタート宣言園:3,000円

     学生:2,000円

 

*昼食は、センター内のレストランなどをご利用ください

 

全国の保育者や子どもに関わる方々が集合し、「絵画指導」「自然あそび」「おもちゃ遊び」「表現あそび」を通した子どもとの活動を考え合います。


1.分科会

午前中の分科会では、それぞれの分野で、10名前後の小グループに分かれて話し合いをします。

A.未満児の絵画・造形 ~豊かな感性を育みましょう~

  未満児の作品を見あい、実践の様子を話し合い、聞きあいながら、幼児期の活動へつながる基礎になる遊びや、無理のない表現のバリエーションを増やします。

  年齢や発達に合わせた他園での工夫などを聞き、翌年度の活動につながるヒントを見つけてください。

B.幼児の絵画・造形 ~描ける!描きたい!!を引きだす~

  実際の子どもの活動を元に、年齢や発達に沿って楽しく描くこと・作ることを引きだす指導のポイントを考え合います。

  グループ内で、題材の選び方や、指導の組み立て方、子どもへの言葉がけなどを共有することで、今できること、これから目指すことを明確にしていきます。

C.木育・自然あそび ~身近な自然と仲良くなるために~

  園庭やお散歩などで子どもたちが主体的に発見したり、感じたりしながら、自然と仲良くなるための関わり方について、実践を通して学び合います。

  自然あそびも子どもたちの感性を活かした表現あそびのひとつと捉え、先生自身が楽しみながら自然を伝えていきましょう。

D.おもちゃ遊び ~積み木・ブロックをもっと保育に活かそう~

  おもちゃの定番「積み木」「ブロック」の遊びについて、保育の場での実践を持ち寄り、友だちと一緒に遊んだり、じっくり集中して遊ぶ配置や工夫について学び合います。

  園での導入、遊びの展開法など、実際におもちゃで遊びながら考えます。園のおもちゃを見直す機会にもなるでしょう。

E.表現あそび ~みつけよう!子どもたちと夢中になれる表現あそび~

  実際に参加者がその場で実践を体験し、子どもの育ちに寄り添った柔軟性のある活とその活動を繰り返すこと、積み重ねの大切さを考えます。

  身体や言葉、音楽や演劇などなど、先生の遊び心あふれる実践を通し、乳幼児期からの活動の大切さを再認識し、刺激を受け合う時間です。

2.作品展

  絵画・造形分野の子どもたちの作品や、その他の分野の参考資料などを一堂に集め、鑑賞しあいます。

  子どもたちの作品を読み取る力や、作品を魅力的に見せる工夫など、分野を超えて学び合いましょう。

3.全体会

  今年は、「実践」を通しての学びを、全体会でも行います。

  午前中の学びとは少し視点を変え、実践を積み重ねる大切さや園全体で取り組むことの有効性などを考えます。

絵画指導の現場から ~絵画指導スペシャリストが活躍する幼稚園での描画活動~

佐藤智代美(至学館大学附属幼稚園 教諭)

保育 絵画指導スペシャリスト取得後の8年間の積み重ねの中で見えてくる描画表現や子どもたちの変化や、

試行錯誤の中から生まれた指導の工夫、園での取り組みをお話しいただきます。

木育の導入から3年の取り組み ~日常の保育で子どもと楽しむ木育実践~

江連百合子(社会福祉法人ユーカリ福祉会 中野みなみ保育園 主任)

都心の住宅地にありながら、自然とのふれあいを大切にした保育のプログラムのひとつとして、3年前から取り入れた木育の活動。

日々の保育の中での木育の取り入れ方、木育による子どもたちや保育者の変化などをお話しいただきます。


芸術と遊び創造協会では、その前身である芸術教育研究所の時代から、常に現場での『実践』を通し、課題を見つけ、その課題解決のための研究を続けてきました。

『実践』を共有することは、1人では限りある経験を共有することであり、自分の活動の問題解決の糸口になります。

事前に《実践レポート》にご記入いただいたり、ご自分の実践をグループ内で伝えることで、ご自分の活動を見直す機会になったという声も聞きます。

実践をお持ちの方は、お申し込み時に、ぜひ実践レポートもご提出いただければと思います。

が、もちろん実践レポートなしの参加も大歓迎です。当日は、ご経験談などをお聞かせください。


【申込方法】

①申込書(&実践レポート)の記入と送付

 送付先:〒165-0026 東京都中野区新井2-12-10 芸術と遊び創造協会 フォーラム係

②入金:郵便振替

 番号:00100-3-730904

 加入者名:芸術教育学校

 通信欄:フォーラム

③受講確定

 申込書とご入金の両方を確認した上で、2月4日より順次受講票を郵送いたします。

 お手元に届き次第、ご確認ください。

 

お申込み方法はこちら

申込書はこちら

実践レポートはこちら

実践レポートの書き方はこちら

 

【お問合せ】芸術と遊び創造協会 中野オフィス ℡050-5528-2030

▲TOPへ戻る