【中級】アクティビティ ディレクターとは・・・

個々の生活歴を活かした「アクティビティ・ケア」で要介護者の笑顔と意欲を引きだす「心の栄養士」養成セミナーです。
中級では「アクティビティ・ケア」を現場で実践する講師からスキルを直接学び、「心の栄養士」として高齢者福祉施設や
在宅でのアクティビティ・ケアを企画・実施できるリーダー的な存在を目指します。

こんな方に

●アクティビティ・ケアを計画・実践しようとする方
●利用者のQOL向上を目指す介護職やリハビリ専門職、医療職の方
●施設管理者や施設長
●自分の持っている専門性を活かして高齢者分野で活動したい方

アクティビティ ディレクターの活躍の場

●高齢者施設でのアクティビティ・ケアを計画・実施・評価できる
●介護予防教室や施設でのアクティビティ・ケアのリーダーになる
●施設スタッフの多職種連携につながる
●在宅支援での介護やリハビリに役立つ
●持っている特技を高齢者分野で活かせる



アクティビティ ディレクター資格取得者の声

普通の生活をとりもどすための支援

桂 裕二さん
北海道
特別養護老人ホーム鶴の園
作業療法士

作業療法士としてアクティビティ・トイに興味を持ったのがきっかけでインストラクターとディレクターを続けて受講しました。アクティビティ・ケアを学び実践している異分野の専門職との交流もでき、楽しい講座でした。
現場では「心が動けば身体が動く」をモットーに、ご利用者さんのやりたいことやしてきたことをきかっけにリハビリプログラムを作り、生活行為の向上につながっています。

地域と施設をつなぐコーディネートを実現

木﨑美江さん
東京都
特別養護老人ホーム さくら苑
看護師

介護支援専門員の仕事をしていましたが、医療との違いに戸惑う日々。「福祉を深く理解したい」そんな思いが強くなっていた時期に講座の記事を見つけたのがきっかけで受講しました。ケアマネの業務の他、施設と地域とのコーディネート役をするようになり、活動の幅が広がりました。多くのボランティアの方に施設に来ていただく仕組みを作ったことでアクティビティが充実、職員のやる気にも繋がりました。

アロマの専門職として利用者に寄り添う

小平有紀さん
東京都
ナチュラルセラピーインテグレート
代表 アロマセラピスト

デイサービスでのアロマケアサービスを実践している中で、さらに福祉の現場や利用者様への理解を深めたいと思って受講しました。福祉文化論やケアデザインといった専門性の高い講義や、即現場で生かせる実践的な講義など様々な学びは、アロマセラピーをより解りやすく正しく伝え、実践するための職種間の連携や、利用者一人ひとりに寄り添うケア、地域での介護予防教室でも役立っています。

「笑顔」でその人らしい暮らしを支える

齊藤まみさん
新潟県
マミー・ケアサービス 代表

訪問介護やボランティア活動をしている中で、何かが不足していると感じ、基本的なスキルを学び、活動の幅を広げたいと思い受講しました。講座を通して多くの仲間と出逢い、資格取得後に新潟支部の皆さんとともに活動をしていますし、活動を受け入れてくださる施設側へのアプローチもしやすくなりました。また、ご参加いただいた方から、今までよりも多くの共感をいただいていると実感しています。


アクティビティ・ケア 資格・セミナーの
お申し込みはこちら>

《お申込みサイトはショッピングサイトを使用しております。》
講座申し込みの注意事項をご覧ください。

▲TOPへ戻る